GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放送終了後の余波

 孔明は精一杯普段通りを心掛けて、執務室へ入ってきた。
「おはようございます」
 エージェントたちが立ち上がってあいさつする中、サニーは座ったままで爪を磨いている。
「おはようございます、孔明さま」
 孔明のほうを見もせずに発した言葉はひどく冷たい。
 そもそも、サニーが爪を磨いているときは不機嫌なときと決まっている。
「お、おはようございますサニー殿」
 平静を装いながら席に着いたとき、サニーが不意に声をかけてきた。
「昨夜のおじいさまの放送、お聞きになりまして?」
 全身が強張っていくのがわかる。
「さ、さあ、昨夜はあいにく書類の整理で追われておりましてな、ラジオを聞く余裕もありませんでした」
「あのハガキは孔明さまですわね」
 間髪を入れず返ってきた言葉に、息をのんだ。
「な、なにを根拠に…はっはっは、ご冗談もほどほどに…」
「あの番組、ハガキを読まれるとおじいさま特製ストラップがもらえますのよ。孔明さまの机にあるのは、まさにそのストラップじゃありませんこと?」
「あああっ!」
 競争率の高い番組でハガキを読まれ、グッズをゲットできたうれしさに飾ってしまったのが運のつき。
「だ、だってサニー殿の悪戯が度を過ぎているのが悪いのではないですかっ!」
 ついに開き直って逆切れをかます孔明。
「ひどい!悪戯だなんて…私のようないたいけでか弱い娘は、悪戯なんて気持ちじゃなく、全力で命(タマ)を取りにいくしかないんですのよ!」
「いたいけでか弱い娘が、命と書いてタマなんて言うかっ!」
「問答無用!」
 孔明が羽扇で防ぐより先、伸びてきたサニーの爪が孔明の顔を方眼紙にする。
「ぎゃあああ!」
 かくして孔明はまた、両手で顔を覆って泣き崩れるのだった。



 幽鬼の直属の部下であるエージェントは、幽鬼からの急な呼び出しにいささか困惑しながら執務室へ急いでいた。
 なにしろ幽鬼はたいていのことは自分で処理するから、エージェントになにかを命じたりすることは実に稀なのだ。
「失礼します、幽鬼さま」
 ノックをして室内に入ったエージェントは、一瞬我が目を疑った。
 幽鬼がソファの上で、四つん這いになって腰を高く上げながら書類を書いている。
 しかもその腰の上に乗っているのは…氷嚢。
「ゆ、幽鬼さま?」
「おう、きたか」
 幽鬼はその体勢のままで書類をエージェントに差し出した。
「これに目を通して、孔明のところへ持っていってくれ。使ってすまんが」
「い、いえいえいえ。私は幽鬼さまの部下ですから一向に構いませんが…あの、その恰好は…」
 幽鬼は頬杖を突き、気だるそうな表情でエージェントを見た。
「昨夜、じいさまの放送で俺とバレたハガキが読まれてな…」
「はあ、その放送は私も聞いておりました」
「番組が終わってから、じいさまにイヤというほど尻を蹴られた」
 頭を叩きたいが、幽鬼の身長はカワラザキを軽く越している。
 カワラザキとしては差しさわりのない程度の体罰を選んで、尻を蹴飛ばすという行為に及んだのだろうが、いかんせん、酔っぱらっているために自分の力を忘れて蹴飛ばしたため、幽鬼の尻は見事に腫れ上がって動くこともできなくなったらしい。
「まあ、俺も十傑の一員だから身体能力はそこそこある。尾骶骨の骨折は免れたが腫れは引かなくてな…」
 おそらく普通の人間が蹴られたら、数十メートルほど吹っ飛んでばらばらになってしまうのだろう。
 しかし上司のこんな情けない姿は、ほかの人間には見られたくないもの、エージェントは幽鬼の腰から下にタオルケットをかけてやった。
「でも、幽鬼さまもそんな鼻歌くらいで…」
 叱責を覚悟であえて苦言を呈してみる。
「あのな、お前、じいさまの鼻歌、聞いたことないだろ?」
「え?ええ、まあ、そりゃ」
 カワラザキが鼻歌を歌うなどというのは、気を許している幽鬼の前だからできることで、一般エージェントがそのようなものを聞けるはずもない。
「鼻歌ですら音痴って、いるんだぞ」
「えーっ?」
「ガラスが割れる衝撃波とかが出るわけじゃないが…精神攻撃には十分すぎる鼻歌なんて聞いたことがあるか?」
 あいかわらずぶすっとした表情の幽鬼を見ながら、エージェントはいったいだれに同情していいのかわからなくなった。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。