GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痴話げんか(幼蝶♀ver)

 BF団本部にあるカワラザキの私室には、私邸とはまた違った世話係のエージェントがいて、カワラザキの身の回りの世話などを行っている。
 そのキッチンで朝食を作るエージェントを、子供の幽鬼が手伝っていた。
「そろそろじいさま、起こしてくるっ」
 カワラザキは昨夜ずいぶん飲んだらしく、酒臭い息をいびきに載せて吐いている。
 部屋中に充満したその匂いに顔をしかめながら、幽鬼はカワラザキのベッドに近づいた。
「じいさまっ、朝だぞっ。幽鬼が起こしにきたぞっ」
 一緒に朝食を食べたくて、幽鬼はカワラザキを揺さぶる。
「ふあ?」
 何度か揺すって、ようやくカワラザキが目を開けた。
「早く、起きてっ」
 カワラザキは半身を起こし、寝ぼけ眼で幽鬼を見る。
「んむ…幽鬼か…」
 乱れた髪に手を突っ込んでぼりぼりとかきながら、大きなあくびをした。
「お味噌汁が冷めちゃうっ」
「んむ、今いく」
 一足先に食卓についた幽鬼の前にエージェントが味噌汁を差し出すのと、まだ眠そうなカワラザキが席についたのはほとんど同時だった。
「昨夜も…またお酒飲んだのか」
 炊き立ての飯をひと口食べて、幽鬼は少しきつい目でカワラザキを見る。
「あー、まあな」
「幽鬼、じいさまが帰ってくるの、待ってたのに」
「すまんすまん」
 箸も持たずにカワラザキは椀を取り、味噌汁をすする。
「さっき…起こしにいったとき、なんかいい匂いした…」
「ん?そうか?」
 カワラザキが腕を持ち上げ匂いをかいでみる。
「ふむ…どこかで移ったか」
 頭がぼうっとしているのか、カワラザキはのらりくらりとした言葉しか出さない。
「もういい!」
 幽鬼はいきなりテーブルに箸を叩きつけると、そのまま走り去ってしまった。
 給仕をしていたエージェントが目を丸くしてつぶやく。
「まるで…嫁ですね」
「じゃな」
「追わなくともよろしいので?」
「お前が心配せんでよい。それより、味噌汁おかわり」
 カワラザキが平然と椀を差し出した。



 その日の午後には、幽鬼はもうパリのカフェに陣取っていた。
 なんとか読めそうな子供向けの新聞の中に、探しているのは貸アパートの記事。
「お邪魔するよ」
 聞きなれた声に新聞から顔を上げれば、見覚えのあるクフィーヤの男が座っていた。
「…セルバンテス…」
「幽鬼チャンみたいな子供が、こんなところでなにをしてるのかな?お付のエージェントもいないようだし」
「セルバンテスには関係ない」
 読めないフランス語の新聞をあきらめて、幽鬼はぷいっとそっぽを向く。
「関係なくはないよ。幽鬼チャンが困ってるなら、おじさん力になろうと思って」
 幽鬼は頬を膨らませたままでうつむき、ぼそぼそとしゃべり始めた。
「こ、ここで住もうと思って」
「あらら、それは大変だ」
 意外な言葉に幽鬼は顔を上げた。
「この町はね、幽鬼チャンが思ってるよりおっかないところだよ。こわーいおじさんやお兄さんがたくさんいて、幽鬼チャンなんかすぐに捕まえちゃうよ」
「う…」
 カワラザキとの朝の一件は、耳ざとい部下のおかげでセルバンテスの耳に入っている。
「でも幽鬼チャンがここに住みたいって思うんなら…おじさんと一緒に住もうか?」
 ニヤニヤ笑いを浮かべるセルバンテスの肩に、大きな手が置かれた。
「さてセルバンテス、その場所を変わってくれんかな」
 振り向けばカワラザキが立っている。
 セルバンテスはその申し出を無視しようとしたが、すさまじい握力で肩をつかまれ、悲鳴を上げて退散した。
 セルバンテスと入れ替わって幽鬼の前にカワラザキが座ったが、幽鬼は椅子から飛び降りようとした。
「やれやれ、まだ拗ねておるのか」
「拗ねてなんかいないっ。じいさまはまたお酒を飲みにいけばいいんだっ」
 幽鬼は唇を噛み締めてまたそっぽを向く。
「やれやれ…こういう対処法を教えておかなんだのは、失敗じゃったな」
「え…」
 思わずこちらを向いた幽鬼に片目をつぶり、カワラザキはいたずらっぽく笑った。
「今朝のようなときはな、じいさま寂しかったと言って、ワシに抱きつけばいいんじゃよ」
 幽鬼の顔が真っ赤になり、泣くのをこらえているように唇を噛んだ。
「さて、帰るぞ」
 カワラザキはポケットから財布を出し、幽鬼が飲んでいたジュースの代金とチップをテーブルに置いた。
 立ち上がったカワラザキに手を取られて歩きながら、幽鬼は負け惜しみのように言う。
「せ、せっかくパリにきたんだから、おいしいものが食べたいっ」
「よしよし」
「そ、それから今日は幽鬼と一緒に寝てくれないとダメだぞっ」
「わかっとるわかっとる」
 たくさんの我侭を言う幽鬼だったが、カワラザキはなぜかうれしそうな表情でそれを聞いてやっていた。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。