GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご依頼

 巨大ビルの最上階の一室、ヒィッツカラルドはこの部屋の主の椅子に座り、防弾強化ガラスの窓から曇りのない空を見ながら、主が持っていた葉巻を吹かしていた。
「ずいぶんと派手にやったものだな」
 静寂の中に聞こえた声で椅子を回転させれば、いつの間にか幽鬼が立っていた。
 この巨大ビルの持ち主が…堅気な商売で伸し上がってきたのではないが…BF団に対して反抗したために、ヒィッツカラルドが処断を命じられた。
 ヒィッツカラルドはたったひとりでこのビルに乗り込み、関係者以外立ち入ることのできない最上階までエレベーターでやってきた。
 そして最上階のフロアにいるすべての人間…全員が主のボディガードだった…を抹殺したのだ。
 幽鬼は、主を失った会社の混乱を収束させるためのエージェントを連れ、ヒィッツカラルドを迎えにきた。
「階下はどうなってる?」
 ヒィッツカラルドは自分が主にでもなったかのように尋ねる。
「会社は吸収され、新しい社長が就任。社員はそのまま業務を続けるように…だれも異議を唱える者はなかったな」
「手際のいいことだ」
 幽鬼は豪奢なペルシャ絨毯に転がったピストルを見た。
 引き金に指のかかった手首つきのピストルだ。
 ヒィッツカラルドに銃弾を発するより先に手首を落とされ、それに驚く間もなく全身を真っ二つにされたのだろう。
「貴様はだらしない男だな」
「私のことを言っているのか」
「ほかに生きている者はいないぞ」
「どのあたりがだらしない?」
 幽鬼は手首と、少し離れたところに転がっていた靴を足の爪先で小突いた。
「もう少し、うまく片づけられんのか」
 ヒィッツカラルドは椅子を揺らして笑う。
「フハハハ、ブロックのように切り刻んで、積み上げておけとでも言いたいのか」
「笑えん冗談だな」



 幽鬼はポケットに手を突っ込んだままヒィッツカラルドに歩み寄った。
 椅子の背に手をかけ、ヒィッツカラルドに顔を寄せる。
「上等の絨毯が台無しだ」
「ドアを開けたとたんに銃弾の嵐だ。絨毯をめくっている暇はなかったね」
 そう言ってからヒィッツカラルドは思い出したように付け加えた。
「しかしこの椅子には、部屋へ入ったときから目をつけていた。だから血がかからないように…奴を椅子から引き離して殺したんだ」
「戦利品だ」
「そうとも。この葉巻もな」
 葉巻の煙を吐き出して、ヒィッツカラルドはニヤリと笑う。
「散らかしていると思うなら、お前の蟲に片づけさせたらどうだ?」
「こんな脂肪の塊を蟲に食わせてなるものか」
 幽鬼は信じられないといったように目を見開いた主の身体を振り返った。
「しかし後始末を命じられたのは俺だからな。片づけなければなるまい」
 指をぱちんと弾けば、外で待機していたらしいエージェントが次々と入ってきた。
 とたんににぎやかになった室内にヒィッツカラルドは顔をしかめる。
「やれやれ、任務のあとの優雅な時間が終わってしまった」
「この匂いの中でも優雅とは笑わせる」
 それから幽鬼は片付けをするエージェントに言った。
「その絨毯も運び出せ。血のついたものはすべてだ」
「あれが気に入ったのか?」
「そういうわけでもないが」
「セルバンテスに言えば、いくらでももっと上等のものが手に入るだろう」
「まあ、それはそうだな」
 室内のものをすべて運び出し、あとはヒィッツカラルドが座っている椅子だけになり、エージェントは困惑した顔で黙って立っている。
「さて、貴様の任務は終わった。今度は俺の任務を終わらせよう」
「葉巻がまだ半分残っているんだが」
「一杯おごるから俺と帰ってくれ、とでも頼めばいいのかな」
 ヒィッツカラルドはとたんに上機嫌になって葉巻をもみ消した。
「そういう依頼なら受けなければならんな」
 ヒィッツカラルドが座り心地のいい椅子から立ち上がり、ふたりはそろってもうなんの痕跡も残っていない廊下へ出る。
「それにしても、あの革張りの椅子は実にいい具合だったな」
「それこそセルバンテスに頼んだらどうだ。いいものを用意してくれるだろう」
「なるほど、それも手だな」
 やってきたエレベータに乗り込んでも、まだそんな話を続けていた。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。