GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキな午後

 その日、BF団本部ではちょっとした騒ぎがあった。
 用事があってカワラザキがサニーの部屋を訪ねたところ、サニーはいつになくふてくされた表情でお気に入りのクッションを抱きかかえていた。
「はは、なんじゃサニー、ご機嫌斜めじゃの」
 快活に笑いながらカワラザキがそう言うとサニーは少し表情を和らげて目を伏せた。
「だって…とても楽しみにしていたことがあったのに、ダメになってしまったんですもの」
「ほほう、なにか約束でもあったのか」
 尊敬しているカワラザキに尋ねられるとサニーはなにもかも正直に話してしまう。
「ヒィッツカラルドさまが以前、とてもおいしいスイーツのお店をご存知だっておっしゃって…今日誘っていただく約束だったんです。でも樊瑞のおじさまが今日は厳戒態勢だからダメっておっしゃって…」
「ふむ…」
 確かにここ数日、国際警察機構のスパイが本部の位置を知ろうとうろついているらしいことはカワラザキの耳にも入っていた。
 だが厳戒態勢を布くまでもないことだし、いくらでも本部から出る方法はあるはずだ。
「どうせあやつのことじゃ、サニーが素晴らしきと出かけるのが我慢できのじゃろ。よしよし、ワシからとりなしてやるぞ」
 かくしてカワラザキはサニーを連れて樊瑞のところへいき、自分が責任を持つのでサニーを外出させてやれと言った。
 だが樊瑞は首を振る。
「いかにじいさまの頼みとあってもそれはきけぬな」
「左様」
 樊瑞と話していた残月が煙管の煙を吐き出しながら言葉を挟む。
「サニーよ、魔王は相手が悪いゆえ許可せぬのだ。私と出かけるとなれば容易く出られよう。さ」
 なんの脈絡もなく残月はサニーをエスコートして出かけようとする。
 当然樊瑞が止めた。
「待たんか白昼の。ワシは貴様だろうが素晴らしきだろうがだな…」
「譲る気はないぞ、白昼の」

 樊瑞とともに残月を止めたのはヒィッツカラルドその人だった。
「お嬢ちゃんは私と約束していたんだ。レディを横から奪おうなんて卑怯ではないかな」
「フ…無粋な貴様にエスコートが似合うとは思わなかったのでな」
「その台詞はそっくりそのままお返ししよう」
 ガタイのいい男ふたりがにらみ合うとサニーも困ってしまう。
「あの…どうせですからみんなでお出かけしませんか。たくさんのほうがケーキもおいしいし楽しいですし」
 今争えばスイーツどころでなくなるのは必至だし、そうすればなかなかサニーと出かける機会はなくなる…ふたりきりで出かけたいなら後日相手を出し抜けばいいだけのことだ。
「サニーの提案ならばいたし方あるまい」
「お嬢ちゃんらしい選択だな」
 サニーは両手にそれぞれの手をつなぎ、楽しそうに出かけようとする。
「ま、待ちなさいサニー!そういうことならワシも一緒にいくぞ」
 樊瑞があとを追うのと同時にスイーツと聞いては黙っていられない男も現れた。
「貴様ら、甘いものの話になぜ私を誘わぬ。ついていってやるぞ、なあ怒鬼」
 レッドと怒鬼が加わってすぐ、にぎやかなのは嫌いだがサニーに関してはちょっと違うこの男もついてきた。
「うまいケーキと聞いてはやはり作り方を知りたいのでな」
 ゆらりと幽鬼が加わったところでちょうど本部へ戻ってきた中年がはしゃいで参加する。
「サニーちゃんとケーキだって?私がいないと始まらないじゃないか。サニーちゃん、もちろんおじさまも参加するよ。なんだったら払いは全部私が持つ」
 少女ひとりと中年青年取り混ぜの男どもの団体が、おしゃれなカフェの一角に団体で陣取っている光景は、さぞかし見ものだっただろう。

*Comment

 

当然樊瑞が止めた。

当然樊瑞が『スリッパで残月を引っ叩い』た。

先生、間違いを発見したので直してみました。
ごく当然の流れのように何ら脈絡も無くやってくれる男にはスリッパが相応しいと思います。あの無表情覆面にはまったく効果は無いだろうけど(笑)


サニーちゃんが動けば十傑が動く、BF団はこれくらいアホゥなのが一番丁度良いなぁ。カフェの店員がドン引きしている中、女の子と一緒にケーキを頬張る連中に世界征服されたい。
  • posted by アジ 
  • URL 
  • 2007.08/29 21:17分 
  • [Edit]

 

>アジさん
 BF団本部にスリッパが必須アイテムというのは、残月はゴキ並みということにw
 できればこの男の行動はまったく読めないと思ってください。管理人もそのつもりで書いてますw
 カフェの一角に黒スーツでケーキを食す輩がいたら、そのカフェはすでに征服されているのです。
  • posted by 管理人 
  • URL 
  • 2007.09/04 22:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。