GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BFさま、爆弾発言

 エージェントから火急の用ということで孔明がいつもの会議室に出向いてみると、そこにはいつも集められる十傑集以外に、テレビカメラを担いだエージェントに報道カメラマン、各国のプレスマンなどがひしめき合っていた(いや、秘密結社の本部に各国の報道招いていいのか?)
 用意された記者会見用の机にはBFが座っている。
「こ、これはいったい…!」
 突然のことに驚く孔明に、樊瑞が小声でささやいた。
「うむ、我らも緊急の招集にいつものアレかと思って集まったのだが…今日はどうやら違うようなのだ」
 それにしてもこれだけの人数が、そう広くもない会議室にひしめき合うと十傑集であっても、どこにだれがいるのかすらわからない状態だ。
「えーと、じゃあそろそろ時間だから始めようか」
 BFがそう宣言するとカメラのフラッシュが一斉に光った。
「ちょ、ちょっとお待ちください、BF!」
 孔明にしてみれば、秘密結社の、しかもトップがいきなり顔出しで全世界に向けての記者会見を行うなど狂気の沙汰としか思えない。
 新聞記者などを押しのけ掻き分けBFに近づく。
「い、いったいなにを発表なさろうと言うのですか。しかもそのようなことはこの私にお任せくださいませんと…」
「だあって、世界征服も全然進んでいないしさぁ」
 BFは頬を膨らませてそっぽを向いた。
「このままじゃあ僕の野望はいつまで経っても実現しそうにないからね。目先を変えることにしたんだ」
 世界征服だの野望だののキーワードで、またもやフラッシュがたかれる。
「はい」
 どこかの国のプレスマンが手を挙げた。
「はい、そこの人」
 BFがなんのためらいもなくプレスマンを指すと、彼は丁寧に自己紹介して質問してきた。
「世界征服の野望という言葉が出てきましたが、あなたの真の目的はなんですか」
「僕には夢がある」
 BFの声を遮るようにシャッター音が響く。
「そう!それはつまり…ニューヨーク、上海、東京…世界の大都市と呼ばれる場所の真ん中、いわゆる一等地に…小さな白い庭付き一戸建てを建てて、かわいい奥さんをもらい、子犬を飼って暮らすことなんだ!」
 再び、パシャパシャというシャッター音。
「子供はふたり、これは譲れない」
 真剣な眼差しのBFが指を2本突き出すとプレスマンたちからどよめきの声が漏れた。



 別のプレスマンが手を挙げてさらに質問する。
「先ほど目先を変えて、とおっしゃいましたが、目先を変えた結果がその夢なのでしょうか」
「ううん、違う」
 会場全体を見回し、BFは力強く言ってのけた。
「これが元々僕の夢、僕の野望だ!しかしその夢は遅々として進まない。だから…僕は引退する」
 カメラのフラッシュが眩く光り、この言葉には孔明までもがプレスマンと一緒に尋ねてきた。
「い、いったいどういうことなんですか、引退というのは!」
「ごめんなさいごめんなさい、普通の男の子に戻りたいんです」
 目にハンカチを当てるBFにマイクとカメラが向けられる。
「いや、そうじゃないな。ここはいったん僕が退き、陰から温かく見守るのが最上の策なんじゃないかと思えてきたんだ。そして僕は世界を漫遊し…」
 まだ、その夢見てたんかい。
「まあ、後継者は決まっているから心配ないしね」
 そこでようやく孔明は、自分がこのために呼ばれたのだと確信した。
「しかたありませんな。では私がこれよりBF団の新しい…」
 その言葉が終わらぬうちにBFが叫んだ。
「僕の後継者、サニー・ザ・マジシャン!」
 ドアが勢いよく開き、いつも以上に気合の入った衣装でサニーが飛び込んできて孔明に蹴りを入れる。
「ぐはあっ!」
 そしてBFの隣に立つと居並ぶ全員に向かって宣言した。
「さあ、私がBFさまの後継者、つまり新しいBF団の総統となります。かしずきなさい、ひざまずきなさい、靴を舐めなさい」
 なにやら理不尽な要求も出たが、とにかくその場の全員が印籠を突きつけられた者のように、深々と土下座したのだった。
「あ、悪夢…だ…」
 孔明の羽扇が手から離れてひらひらと床に落ちた。

「…めー…さま…こーめー…さま…孔明さまっ!」
 サニーの声で悪夢から目覚めた孔明は、思わず跳ね起きてそのまま3メートルほど飛びのいた。
「…なぜ、私にそこまで驚かれるの?」
「い、いえいえいえ!」
 胸に手を当てればわかると思うが。
「まあ、いいでしょう。それより早く支度なさってください。BFさまから重大な発表があるとかで招集がかかっておりますわ」
 サニーはそれだけ言ってさっさと出ていってしまった。
 残された孔明はベッドの支柱を抱えたままで、ふと考える。

 まさか…ね?

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。