GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクリモノ

 もうすぐクリスマスということで幽鬼は少しワクワクしていた。
 去年のクリスマスにはカワラザキ主催のパーティがあって、おじさんたちからたくさんのプレゼントをもらった。
 サンタの存在は信じていないけれど、みんなからプレゼントをもらえるのはうれしかったし、みんなにプレゼントするのも楽しかった。
 今年のクリスマスにはなにをプレゼントしてもらえるだろうと思うと、ドキドキしてしかたがない。
 だれにも内緒でこっそりとカワラザキや樊瑞の心を少しだけ読んでなにをもらえるか知りたかったけれど、みんなまだ決めかねているようではっきりとしたことはわからなかった。
 そんな期待に満ちあふれたある日の夜、幽鬼は夢の中でBFにあった。
「やあ、もうすぐクリスマスだね」
 BFはいつもと同じようににこやかに話しかけてくる。
「サンタにもらうプレゼントは決まったかい?」
 うなずく幽鬼にBFは答えを促した。
 幽鬼はおずおずと口を開く。
「あの…俺、もう1羽カナリヤがほしいんだ」
「ああ、以前僕があげたカナリヤ…1羽じゃ足りないかな?」
「そうじゃなくて…俺には、じいさまやおじさんたちがいるけど、あいつは1羽だけだから…仲間を入れてやりたくて…」
「なるほど…もらえるといいね」
 BFは目を細めてうなずいてから、話題を変えた。
「ところで…サンタのこと、知ってるかな?」
「え?」
「サンタクロースはね、いい子にはプレゼントをくれるけど、悪い子には罰を与えるんだよ」
 ニコニコと笑うBFに幽鬼はぎくりとして尋ねる。
「俺…悪い子…なのかな」
 しかしBFはそれには答えてくれず消えてしまった。
 目を覚ました幽鬼のところへ世話係のエージェントがやってきた。
「幽鬼さま、訓練の時間です。お支度なさって孔明さまのところへ」
 言われたとおりに用意して、いつものように訓練を受ける…目の前にいるエージェントの思考を読む訓練…だが、今日は違っていた。
 どんなに集中しても相手の思考が…今までなら制御しなかったら洪水のように流れ込んでくるはずなのに…まったく読むことができない。
「どうしました、幽鬼殿」
 怪訝そうな孔明に、幽鬼は戸惑いながらも正直に話した。
「…わから…ないんだ」
 それを聞いた孔明は小さくため息をついただけだった。
「仕方ありませんね。もしかしたら能力を失ってしまったのかもしれませんから、新年まで訓練は休止することにしましょう」



 訓練から戻された幽鬼は不安ではちきれんばかりになった。
 もしも本当に…孔明の言うとおり能力を失ってしまったのだとしたら…?
 幽鬼にその能力があるからこそ、カワラザキは幽鬼を引き取ってくれたのだしこの組織にいる理由もある。
 だが、普通の子供になってしまったのだとしたら?ここにいる必然性はなくなってしまう。
「どうしよう…どうしよう…俺、悪い子だからサンタが怒ったのかな…なんで…」
 だれにも言えないまま幽鬼はクリスマスを迎えた。

「幽鬼や、樊瑞の部屋においで。みんな集まっておるでな」
 カワラザキから連絡をもらい、幽鬼は落ち込んだまま部屋を出た。
 みんなの前で正直に話して、それでここを追い出されるのなら…それも仕方のないことだと覚悟して…。
 そんなことを考えて下ばかり見ていたからだれかにぶつかったのも気づかなかった。
「ごめんなさ…あっ」
 そこには珍しく実体化したBFが立っていた。
「メリークリスマス」
「あ、あの、俺…」
 この際BFにも話そうと思った矢先、幽鬼をさえぎってBFは幽鬼の頭上で指を鳴らした。
「僕からのプレゼント…前にもあげたんだがふたつめだよ」
「え?」
「僕は少し前、君からテレパシーを奪った、これがひとつめ。そして今、返しにきたんだ、これでふたつめ」
「どうして…っ!」
 あんなに思い悩んだのにと思うと、幽鬼は素直に怒りをぶつけた。
 BFは悪戯っぽく笑うとこう言った。
「君は…みんながどんなプレゼントをくれるだろうと思っていたね?でも、クリスマスより先にプレゼントの中身を知ってしまったら楽しみがなくなってしまうだろう?だから僕は君に、ドキドキする気持ちをプレゼントしたんだよ」
 幽鬼がここ数日感じていたものはそんな可愛らしいものではなかったが、すべてをBFに見通されていたと思うと幽鬼の顔は自然に赤らんだ。
「さあ急いで。激動や混世魔王がパーティを開いているんだろう?みんな君がくるのを待ってるよ」
「あ、うん…」
「素敵なプレゼントをもらっておいで。そうそう、激動が鳥籠を持っていたっけ」
 BFが微笑むと幽鬼は樊瑞の部屋に向かって駆け出していた。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。