GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄からきたメイド(外伝)

「呉先生、時間があればちょっと出かけんかね?」
 珍しく中条がそんなことを言うので、呉学人は二つ返事で承知した。
「長官、どちらへいかれるのです?」
 支部から少し離れた、大勢の人が行きかう表通り…そんなところへ出かけるなどめったにないことだ。
「このあたりにメイド喫茶があると聞いたのだが…」
 突然、中条のイメージとはかけ離れた言葉に、呉学人は鉄扇子を落としそうになる。
「ちょ、長官、本当にそのような場所へお出かけになるのですか?」
「ん?いや…うちの職員が出入りしているようなんだが、そこのコーヒーが大変美味いということでね…」
 そういうことならコーヒーにはうるさい中条のことだから、それも致し方ないと呉学人は苦笑しながら一緒に店を探すことにした。
「おや、ここではありませんか?」
 若い男が何人か入っていく喫茶店…外見は普通の喫茶店のようだが、玄関にメイド服の少女が立っている。
 少し照れ臭かったが、意を決してふたりは店内へ入った。
「おかえりなさいませ、ご主人さま」
 長い黒髪のメイドが出てきて、笑顔でふたりを招き入れる。
 外から見られては恥ずかしいので、奥のほうの席を選んだ。
 注文したコーヒーは中条の期待を裏切らないものだった。
「うむ、美味い」
 香りといい苦味といい、最高級の豆を使って淹れているのだと瞬時にわかった。
 最もそのコーヒーを堪能している間も、ふたりの隣に座っておしゃべりを続けてくるメイドには少々閉口したが。
「君、すまないがおかわりを」
「かしこまりましたぁ、ご主人さま」
 メイド自体は動かず、奥に向かって手を挙げるとコーヒーポットを持ったメイドが現れた。
 そのメイドを見て、中条はパイプを取り落とし呉学人は鉄扇子を取り落とす。
 なぜならそのメイドは…どこかで見たようなむくつけき男であったから。
「お、お待たせいたしました、ご主人さま」
 メイド…幽鬼は目を伏せながらコーヒーを注ぐと大急ぎで奥へ引っ込んでしまった。


 幽鬼は唇を噛みながら、店内が見渡せる場所にある電話を取ると孔明につながせた。
『おや店長、営業状態はいかがですか』
「…俺はなぜ、再びこのような任務をやらされているッ!」
『メイド喫茶を営業し、国警の情報を手に入れる…そういう任務ですが?』
「そうではないッ!なぜお嬢ちゃんではなく、俺がメイド服で店長などやらされているのだッ!」
 しばらくの沈黙があり、孔明の落ち着いた声が返ってきた。
『サニー殿はその先にある執事喫茶の支配人をやっていらっしゃいますので。ほかに適任は幽鬼殿だけでした』
「…俺もそちらがよかったぞ」
 怒りを抑えてそう言うと例の屁理屈が返ってくる。
『執事はあの方々で十分ですのでね…それにメイド喫茶のほうは固定客もついたようで、よかったではありませんか』
「…固定客…」
 受話器を持ったままで幽鬼が店内へ目をやれば、見覚えのあるクフィーヤの男が幽鬼に手を振っていた。
「幽鬼ちゃーん、おじさんとゲームしよー。オムライス、食べさせてー」
 幽鬼は目をあわさないようにしながら再び孔明に話しかける。
「アレは幽霊だろうがッ!客とは言えんだろうッ!」
『確かに亡くなってはいらっしゃいますが、料金は口座から引き落としてよいと』
 幽鬼は受話器をつぶさんばかりに握りしめる。
「幽鬼ちゃーん、こっちきてえ~。おじさんの横に座って~」
 ふと、あることを思いつき幽鬼は孔明に提案した。
「孔明、俺の頼みを聞いてくれればこのメイド服に甘んじようではないか」
『なんなりと』
「樊瑞に言って、俺が死者から見えないようになる護符を送ってくれ。そうしたら我慢する」
『かしこまりました。すぐに』
 セルバンテスの声を聞かないように耳をふさいで待っていると、樊瑞の飛ばした式神が到着し護符に変わった。
 幽鬼はなんのためらいもなく、その護符を額に貼る。
「あ、あれー?幽鬼ちゃんが見えなくなっちゃったよー。幽鬼ちゃーん、どこー?」
 幽鬼はとりあえず胸を撫で下ろしたが、セルバンテスはこんなことでくじけたりせず、まだまだメイド喫茶に通ってくる気満々だった。

 セルバンテスが幽鬼の計略に気づくまでは、また別の話で。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。