GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サニーちゃん、学校へ行く(3)

 玄関を開けた途端、天井に頭が届きそうなガタイのいい中年が3人、ふたりを見つめている…いや、にらんでいるといったほうが正しいようだ。
「イワン、ワシの養育方針になにか文句でもあるというのか」
 腕を組んだ樊瑞がそう言えばアルベルトも葉巻の煙を吐き出した。
「貴様が儂に一言もなく動くとはな…」
 いつでも衝撃波が放てるようにか、指先がイワンのほうを向いている。
 ただ、セルバンテスだけは怒りの矛先が少し違うようだった。
「イワンくん、なんだいこの家は!オンボロで、こんな家、サニーちゃんにはふさわしくないだろう!」
 サニーはしばらく3人とイワンをながめていたが、やがて意を決したように微笑んで家に上がった。
「私、宿題がたくさんあるからお部屋にいくわね」
 手を振ってさっさと階段を上がっていく。
「サニー、待ちなさ…」
 あとを追おうとした樊瑞をイワンがむんずと捕まえた。
「みなさまには大事なお話がございます。お茶もお出ししますのでまずは客間のほうへどうぞ」
 数分後、猫の額ほどの床の間を備えた客間に落ち着いた3人だったが、まだ不満は解消されていない。
「よろしゅうございますか。今回のことはこのイワンが単独で行ったのではございません。それと申しますのもみなさまがあまりにもサニーさまを甘やかされるがゆえに…」
「なにを言ってるんだい、イワンくん!」
 セルバンテスがちゃぶ台を叩いたために、湯飲みが一瞬宙に浮いた。
「私たちはサニーちゃんを甘やかしてなんかいないよ。大事にかわいがってだね…」
 セルバンテスの意見にうなずく樊瑞、そして目を閉じてとりあえずは肯定しているらしいアルベルト。

 しかしイワンも負けてはいなかった。
「現にこちらへやってきてからも甘やかしていらっしゃるではありませんか。アルベルトさま、弱い衝撃波を放ってサニーさまの逆上がりを補助なさいましたね?樊瑞さま、野良犬を古銭で追い払われましたでしょう?そしてセルバンテスさま、一般の中学生は高級リムジンなどで送り迎えはいたしません」
 一気に言い放ち3人の様子をうかがえば、3人は図星を指されて視線をそらしている。
「とにかく!今しばらくはサニーさまを温かい目で見守ってくださいませ。手出しを一切なさらずに!」
「イワンくんはなにも知らないんだね」
 居丈高にそう口を開いたのはセルバンテス。
「今、日本ではイジメが深刻化しているんだよ?サニーちゃんはあの通りかわいくていじめられたって反撃できるような子じゃあない。君はサニーちゃんがかわいそうだと思わないのかい?」
「むぅ…おまけに先程サニーは宿題がたくさんあると言っていた。詰め込み教育はよろしくないのではないか」
 今度もアルベルトは小さくうなずいただけ。
 まさか日本の教育問題にまで発展するとは思っていなかったイワンは答えに窮する。
 それ見たことかと3人がサニーの返還を求めて声高に罵ろうとした瞬間だった。
「いいかげんにせんか、おぬしたち!」
 床の間がいつの間にか巨大なモニターになり、その向こうからカワラザキが厳しい表情で怒鳴っていた。
「む、じいさま…」
「今回のことはワシがイワンに命じて勝手にやったことじゃ。それというのもおぬしらが、サニーを猫かわいがりするゆえこのままでは友達もできずかわいそうと考えたんじゃ…なにか文句でもあるのか」
 十傑集最古参にそう言われてはなかなか反論しづらい。
 3人が黙り込んだのを見て、カワラザキはさらに追い討ちをかけてきた。
「本部内におぬしらの姿が見えんと思ったら案の定こっちへきておったか…樊瑞、おぬしはリーダーじゃろ、さっさと戻ってこんか!セルバンテス、表の仕事が忙しくなったらしく秘書はおぬしを探しておったぞ、早く連絡せよ!」
 カワラザキに叱責されしょんぼりする樊瑞とセルバンテスを尻目に、アルベルトは葉巻を吹かす。
「儂は戴宗と決着をつけるために国警の日本支部へやってきた…儂がここにいるのは理由があるのだ」
 不敵に笑ったアルベルトだったが、カワラザキの叱責は容赦なかった。
「ばかもん!神行太保は北京支部から動いておらぬわ!3人ともさっさと戻ってこんか!サニーの邪魔をするでない!」
 ほっとするイワン。うなだれる3人。
 だが騒動はこれだけでは終わらなかった。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。