GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RED版ジャイアントロボ

 セルバンテスは助けた大作にBF団のことを掻い摘んで話す。
「思えば我々はいろいろな悪事を働いたものさ。要人の暗殺や政治の混乱…」
「い、いろいろな悪事…」
 真剣なまなざしの大作にセルバンテスは苦笑した。
 よく考えてみればこんな子供にビッグファイアの理想など理解できるはずもないというのに。
 いや、それよりも自分が「おじさん」と呼んで慕っていた存在の男が殺人や破壊工作を行っていたことにショックを受けるだろうか。
「バンテスおじさんは…たくさんの悪事をと言ったけど…」
 こんな真実を知っても、まだ自分のことを信じていてくれるのかとセルバンテスは少しだけ胸を痛める。
 だが大作は一呼吸置くと勢い込んで尋ねた。
「悪事ってことは盗撮もですかっ!」
「な…!」
 セルバンテスのゴーグルが少しずれた。
「アレって立派な悪事ですよね! おじさんだけじゃなく十傑の人たちはみんな…!」
「そんなことするかああ!」
 つい大声を出してしまい、我に返ったセルバンテスは居住まいを正して咳払いをした。

「いいかな大作くん。我々が行っているのはそんな悪事ではなくてだね…」
 そう言ってセルバンテスは大作を抱きかかえた。
「10歳の子供がそんな単語をむやみに発してはいかんな…どこでそんな言葉を覚えたのかな」
「と、父さんが…」
 大作は絞り出すような声で言う。
「父さんが教えてくれたんです…だから、だからボク…ロボにも教えちゃいました…」
「うわあああ、草間博士、なんてことをしてくれたのだあああ!」
 嘆くセルバンテスの目にアキレスが映った。
「ああっビッグファイアさま、これはなにかの間違いですー! 我々、十傑集はビッグファイアさまの紳士たれというお言葉をちゃんと守っておりますぞ!」
 もしもロボのキーワードがそんな関連の単語だったらイヤだな、というお話。
 同じころサニーは昼ドラにどっぷりとハマっていた。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャイアントロボ

ジャイアントロボ 『ジャイアントロボ』は、横山光輝作のサイエンス・フィクション|SFロボット漫画作品、それを基とした特撮テレビ番組。およびそれに登場した架空の巨大ロボットの名前。漫画版*連載:「週刊少年サンデー」に昭和42年5月の20号から昭和43

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。