GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サニーちゃん、見切りをつける

 その日、サニーは集会所に貼り出されていたクエストを眺めていた。
「わぁ、イベントクエストがあるのね。えーと…どれも難しそうだけどクリアできたら楽しいだろうな」
 カワラザキがニコニコと眺めている横で、ひとりでもできそうなクエスト、報酬がたんまりもらえるクエストなどを選んでみる。
「ディアとディア亜種…うーん、一度にいろいろなモンスターが出てくるより、同じ種類のほうが武器も選びやすいしいいかなぁ…闘技場だから探し回らなくてもよさそうだし」
 しかしこのクエスト、ひとりではなかなか難しい。
「やっぱりパーティ組んだほうがいいわよね」
 そう言ってサニーが掲示板に募集を貼り出す。
 さっそく名乗りを上げたのはいつもの中年ハンターズ。もちろん青年ハンターズにサニーを取られまいとする涙ぐましい(?)努力である。
 樊瑞のハンマー、セルバンテスのランス、アルベルトの大剣とくれば、サニーは得意のボウガンで受注することにした。
「それじゃよろしくお願いします」
 キャンプで準備を整えるより先、アルベルトは闘技場へ走り出していった。
「あっ、閃光玉とか…」
 サニーの言葉なんか聞いちゃいない。
「ぬうっ、アルベルトめ、カッコつけおって」
「サニーちゃんは高台で見物してて。なぁに、おじさんたちにかかればすぐ終わるからね」
 全員が駆け出していってしまったので、仕方なくサニーも回復弾をソウテンしたボウガンを担いで走り出した。
 ところがディアはそんなに甘くない。
 上手くハンマーのスタンが効いても、白ディアさんがピヨったところに黒ディアさんが「俺も混ぜて♪」とばかりに走りこんでくるのだから、おっさん連中は転がる転がる。
 おまけにこの3人ときたら協力というものができない上に、罠や閃光玉といったものを使わない直球勝負のために…あっというまに敗北を喫した。

 集会所へ戻ってきたサニーはあきれてものが言えない。おっさん連中は納得いかないようで、なんとしてもサニーを感心させようと意地になっている。
「バンテス、樊瑞、リベンジするぞ」
「おうっ」
「もちろんだよ!」
 数分後。
「リベンジだ」
「おう」
 そしてまた数分後。
「今度こそリベンジだ」
「無論だとも」
 さらに数分後…と戻ってくるたびに疲労でやつれていく3人を、サニーがやっぱりあきれて見ていた。
「私もリベンジしようっと」
 3人が出かけたあいだに、掲示板に同じクエストを貼り出す。

 リベンジの嵐で心が折れそうになって戻ってきた3人が、ちょっと一服と椅子に腰掛けたところへサニーがクエストから戻ってきた。
「ただいまー。ディアの素材、いっぱい獲れちゃった」
 ホクホク顔のサニーが後ろに従えているのは、双剣のヒィッツカラルドと片手剣のレッド、そして狩猟笛の怒鬼だった。ちなみに全員が罠師のスキルを持っている。
「く、クリアしたのか?」
 意外そうな樊瑞にサニーはにっこりと笑った。
「ええ。シビレ罠と閃光玉を併用して、怒鬼さまがスタミナを減らさない曲を吹いてくれたので、レッドさまとヒィッツカラルドさまが連続攻撃して…私は回復弾撃ってただけですけどね」
 珍しくサニーとハイタッチをして、3人が散っていく。ただ去り際にヒィッツカラルドとレッドはおっさん連中に憐れみの視線を投げかけた。
「それじゃサニーもいったん自室へ帰りまーす」
 残されたおっさん連中は、自分の非協力を棚に上げて互いを罵り始めるのだった。

*Comment

Re: タイトルなし 

>>七施陽さん

 サニーちゃんはどんどん成長していってるのですw さすがにアホなおっさんばかりに囲まれて
これではいかんと思っているのではないでしょうか(オイ)
 ぜひ一度、七施陽さんもハンターの世界へ!ハマること、間違いナシです(うひひひひ)
 メールの件、告知の件、本当にありがとうございました。よろしくお願いします。
  • posted by まいりぃまいろ 
  • URL 
  • 2009.08/02 23:23分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。