GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サニーちゃん、クエストに行く(2)

(このお話は、モンスターハンターをご存じない方にはまったくおもしろくないお話なので、華麗にスルーされることをお勧めします)

 一番最初にレウスと遭遇した者、それはサニーだった。
 レウスはまだサニーに気づかず悠然と歩いている。
「み、みんなを呼ばないと…あ、でもペイントすれば気づいてくださるわ」
 あいにくペイント弾は持っていない。
 ペイントボールをぶつけるにはかなりの距離を近づかねばならない。
 サニーは勇気を出し、思い切って走るとペイントボールを巨大なレウスに当てた。
 ペイントボールとはいえ多少のダメージはある。
 サニーに気づいたレウスは巨大な咆哮を上げた。
「きゃ…!」
 耳栓がなければその咆哮を聞いた者は硬直してしまう。
 その硬直が解けぬうちレウスが走りこんできてサニーは突進に巻き込まれてしまった。
「い…いったぁい…」
 元々防御力の低いガンナー用防具では即死を免れるのがやっと。
 サニーの体力は一気に半分以下となった。
「ぬうっ、サニーが危ない! 回復させねば!」
 続いて到着した樊瑞がサニーの危機に気づき、持ってきた回復笛を吹き始める。
「あ、樊瑞のおじさま、あぶな…」
 なんとか高台へ逃れ回復しようとしたサニーが忠告するのも無理はない。
 どの類の角笛もヘイト(危険)率を上げるのがお決まりだからである。
 当然のことながら樊瑞は起き上がったレウスの突進を食らい、衝撃でピヨったところへ尻尾の一撃を受けてあえなく力尽きた。
   【樊瑞は力尽きた】

「ったく、愚か者め」
「サニーちゃんの前でいいカッコしようったってムリムリ」
 吐き捨てるようにそう言って、アルベルトとセルバンテスがレウスへの攻撃を開始する。
 その間にサニーは麻痺弾を撃ち込み、それは何発目かで効果を発揮した。
「よくやったぞサニー」
 レウスの攻撃力を削ぐために尻尾の切断を狙いアルベルトは大剣を振り回す。
 そこへタイミングよくセルバンテスがゲイボルグの突進攻撃を行ったものだから、アルベルトはその場に転がるハメとなった。
 レウスはいったんは怯んだものの体制を整えて頭上高く舞い上がり、火球を打ち出す。
 セルバンテスとアルベルトは逃げ惑いながらも、互いを口汚く罵りあった。
「セルバンテス、貴様狙っただろう」
「まさかぁ。君こそランスの突進の前は危険だよ」
「いいや、あれは確かに狙って突っ込んできたはずだ」
「どこにどんな証拠があるのかな、アルベルトくん」
 ふたりの口論にレウスは我関せずと、上空を周回して再び舞い降りてきた。
「おじさま、パパ、チャンスです。追い込んでください!」
 賢いサニーは戻ってきた樊瑞とともに落とし穴を設置している。
 しかし追い込むといってもなかなかレウスは思うように動いてくれない。
 仕方なく樊瑞が再び角笛を吹いた。
 笛に誘われて突進してきたレウスがまんまと落とし穴に落ちる。
 サニーは徹甲龍弾と貫通弾を並行して撃ち、樊瑞はドラゴンデストロイでレウスの頭を狙う。
 セルバンテスもレウスの翼を狙おうとしたとき、アルベルトの大剣ブラッシュデイムに切り上げられ…大空を舞って頭から落ちた。
 ダメージから回復したセルバンテスが当然のようにアルベルトに食ってかかる。
「ねえアルベルト、今狙って切り上げたでしょ」
「気にするな、些細なことだ」
「いや、気にするよ。おかげで私は無様な落ち方をだね…」
「くどいぞセルバンテス」
 このふたりの口論の決着を待ってくれるほどレウスは悠長ではない。
 怒りモードに入ったレウスが吐いた火球は、口角泡を飛ばしているふたりを難なく焦がした…。
   【セルバンテスは力尽きた】
   【アルベルトは力尽きた】

 大老殿へはサニーが先に戻り、それからとぼとぼと残りの3人が戻ってきた。
 そうなってもまだアルベルトとセルバンテスはもめている。
「さにー、リベンジといくか」
 樊瑞の言葉にサニーは笑って言った。
「いいえ、サニーはほかの方と出かけることにします。おじさまたちにはこの方が同行してくださいます」
 一同の前に現われたのはヒィッツカラルド。
「手伝ってやろう。ただし仲間割れした場合は真っ二つだがな」

 3人にとってレウスよりも怖いもの、それはヒィッツの薄笑いとサニーの静かな怒りだった。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。