GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋の罠、仕掛けましょ

 今日は初めてのデートということで、やや緊張気味のサニーの前に派手な車が停まった。
 運転席から顔をのぞかせたのは、いつもは赤いマスクで表情を隠しているあの男。今日は珍しくマスクを外しているが、前髪を垂らしていてその目は見えない。
「早く乗れ。魔王や策士に見つかるとうるさい」
「あ、はい」
 サニーは少し大きめのバスケットを抱え、急いで車に乗り込んだ。
「今日はいつものマスクをしていらっしゃいませんのね。それにいつもとはぜんぜん違う格好で…」
 当たり前だ。せっかくのデートにいつもの鎖帷子とスーツでこいというのか…そう言いたいのをこらえレッドは興味なさそうに答えてやる。
「フン。あの格好は意外に目立つからな。貴様にあわせてやっただけだ」
「まあうれしい。おめかししてきて正解でしたわ」
 はしゃいで笑うサニーの服装は、濃い目の黄色いワンピース。それに白のカーディガンがよく似合っていると思った。
「どこへ連れていってくださいますの?」
「あ、アクアリウムだ。いいか、勘違いするなよ?私は次の任務の下見にいくだけで…貴様はカモフラージュに連れていくだけだ」
 全部嘘だった。
 昨夜いろいろな本を読んでいくつものデートコースを検討し、当たり障りがなくいいムードに持っていけそうな場所を選んだ。ちなみにこの車だってヒィッツカラルドに借りてきたものだ。
 ゆっくりと時間をかけてアクアリウムの館内を見て回る。
 途中で何度も肩に手をかけようとしたのだがためらわれ、サニーが絡めてきた腕は思わず振り解いてしまった。
「レッドさま、綺麗な噴水がありますわ。私、早起きしてお弁当を作ってきましたの。あそこでお昼にいたしましょう」
 これといった会話のきっかけが見つからず、レッドは黙ってサンドイッチやフライドチキンをほおばるだけ…それでもそんなレッドを見ているだけでサニーは楽しかった。

 もう一度館内を見て回り、車に戻るころにはすっかり黄昏ていた。
「暗くなってきましたわね」
 しかし車は本部ではなく、町の中へ向かって走っている。
「どこへいかれますの?」
「ドライブインシアターだ。素晴らしきがチケットをくれた…無駄にすることもあるまい」
 これは本当にヒィッツカラルドの親切。
 夕食代わりにタコスとチュロキーを食べたころに映画が始まった。
(なんだ素晴らしきのやつめ…こんなくだらぬ恋愛映画とわかっていたら受け取らなかったぞ…)
 退屈すぎてあくびが出てくる。サニーはと見るとシートにもたれて小さな寝息を立てていた。
 起こそうと思うより先、その寝顔に見入ってしまっていた。
 車の中でふたりだけというのに思わず辺りを見回し、そっと肩に手をかける。
 目覚める気配がないのを確認し、呼吸を整えながらサニーの唇に唇を近づける。
 唇が触れ合いそうになった瞬間、
「う…ん…」
 サニーがゆっくりと目を開けた。
「あ、私…ごめんなさい、眠ってしまったのですね」
 あわてて手を離し飛びのいたレッドだったが、きっと顔が赤くなっているだろうと自分で思う。
 だからつい照れ隠しに怒鳴ってしまった。
「き、貴様は無防備すぎるぞ!もしも敵に襲われたらどうするつもりだ!」
「敵って…レッドさま、私を襲うおつもりでしたの?」
 なぜ怒鳴られているのかわからないサニーがきょとんと尋ねる。
「ち、ちが…!ええい、私でなくともだれかが襲ったらどうする!いや、そうではなくてだな!」
 どんどん自分で墓穴を掘っていく。
「私以外のやつの前で、眠ったりするのではない!」
 言ったあとで自己嫌悪に陥った。
 ようやくレッドの意味するところを知ったサニーが微笑んでうなずく。
「はい。でも襲われたらレッドさまが助けてくださいませ」
 反射的にうなずいてからレッドは顔を覆った。
(恋とは…なんと厄介なものだ。よほど任務のほうが楽だぞ…)

*Comment

 

勘違いしないでよね!・・・ってちょwこのツン・デ・レッドめ。しっかし前回のサニーちゃんを前にしてお預けワンコ状態の魔王にもニヤニヤでしたが、このレッドにもやられました。可愛い。可愛い過ぎる。もっとサニーちゃんに翻弄されてしまえ(ニヤニヤ)
  • posted by アジ 
  • URL 
  • 2008.10/26 23:50分 
  • [Edit]

 

>アジさん
 ちょwツン・デ・レッドってああた、しっくりし過ぎです。この男こそツンデレの見本みたいなもんですよね。けっこうこのカプも楽しいので、緩々書いていけたらと思っておりますよ。

>久美さん
 はじめまして~。ご挨拶だけで送信されてしまったのでしょうか?これをきっかけにまた遊びにいらしてくださいませ。
  • posted by 姜ママ 
  • URL 
  • 2008.10/28 00:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。