GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Archive [2014年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ともだちのあなただから

 ここ数日は忙しかった。 ようやく一息ついて、サニーはコーヒーサーバーの簡易カップを手に、中庭の見下ろせる通路に立っていた。 中庭には幽鬼が植えた、皆の好きな樹木がある。 十常侍の好きな椿や樊瑞の好きな梅、カワラザキの好む桜などが芽吹き始めて、春先の陽光をいっぱいに受けている。 思えばあの桜の花びらが舞い散る下で、あの男と出会ったのだ。 今度あの桜が咲くと、あの男が去ってから一年半ほどになる。 き...

レディオ・ガール (2)よっ!

サ「はーい、愛のサインは1321、メタルサニーがお送りするレディオ・ガールの時間よっ! 今日のゲストはこいつ!」レ「いきなりこいつとか言うなァ!」サ「さあ、もう声でわかったわね?あのマスク・ザ・レッドが今日のゲストよ。 いつもいつも深夜の番組ばかりだとかわいそうだから、特別に呼んだわ」レ「…どんだけ上から目線なんだ…」サ「今日は寒いので、スタジオに用意したこたつの中からお送りしているわ。 レッド、ミカン...

忘れゆく歴史

 幽鬼は現在、カワラザキの私邸を離れている。 本部ではそろそろ一人前のエージェントとして実戦にも出るようになり、家を空けることが多くなったのだが、夫人やメイドたちに対する言い訳がなかなか見つからない。 その結果、飛び級でカレッジに進学し、カワラザキの元を離れて暮らしているということになった。 ひとり暮らしといっても、なにかあればすぐに帰れる距離だからと、心配する夫人をなだめるのにカワラザキはひと苦...

仮眠室にて

――ああ、また…! 樊瑞さま、起きてください、樊瑞さま!「…ん…」――ここは仮眠室です。 お仕事が終わられた際には、速やかにご自宅へ戻られるか私室のほうで…。「…ふわああ…お主、口うるさいのう」――ま…! わ、私はここの管理を任される身として…。「そうガミガミわめいているとせっかくの顔が台無しだぞ」――樊瑞さま!「ははは、そう怒るな怒るな。部屋のほうでは部下のエージェントが眠ってしまったのでな、儂がこちらのほうへ...

ハピネス

 朝から降り続いていた雪はやんで、彼女の家はしんと静まり返っていた。 その代わりというように冷え込みが強くなったような気がする。「今夜は寒いわね。お前も中へ入る?」 裏庭に置かれた犬小屋の外で、寒そうにしている犬に声をかけ、鎖を外してやると犬は素直に玄関のほうへ回ってきた。 三和土に敷物を置いてやると犬はその上に伏せる。 家の中の暖かさに安堵したように見えたが、程なくなにかの気配を感じて顔を上げた...

中庭にて

――うう、急にリンゴ食べたくなったから幽鬼さまのとこから取ってこいなんて…カワラザキさま、ひどいよぉ。 許可をもらおうとしたけど幽鬼さまはどこにもいらっしゃらないし…。 しょうがないから、ひとつだけ失礼しますよっと。「そこでなにをしている」――ひえええっ!ゆ、幽鬼さまっ。「なにをしていると聞いている」――いえ、あの、カワラザキさまのご命令で…。「なぜ俺にひと言言わない」――お探ししたんですけど…。「お前の後ろ...

ミッドナイトBF (5)らしいぞ

「ミーッドナイト、BF-!恋のサインは1152、今夜もお相手はあなたのヒィッツカラルド、そしてゲストはマスク・ザ・レッドー!」「…新年からずいぶん飛ばしてるな」「はっはっは、よもや管理人も新年一発目の更新が我々だとは思ってなかっただろう」「…単に、ネタが思いつかなかったんだろうが」「なんでもようやくこの番組の方向性が決まったそうだ」「連載5回目にしてようやくかよ」「単発だと気楽に考えていたものが、よくわか...

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。