GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Archive [2013年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

じいさまができちゃう クマ・ジイ おでかけ

 小鳥のさえずりが聞こえてくるが、まだ窓の外には朝もやが漂っている。 熟睡している幽鬼の頬を柔らかいものが撫でていた。「う…ん…」 すりすりと撫でていたものが、ぽむぽむと叩くようになり…突然重いパンチが幽鬼の頬に減り込んだ。「ぐあっ!」「めーし、めーし」 思わず目を開ければ、幽鬼の上に乗っかったクマ・ジイが短い手をバタバタさせている。「メシって…まだ夜明け…」「メシ」 老人の朝は早い。 無邪気な表情で...

夏の別れ

 知らせは突然飛び込んできた。 レッドの里の長老が病に倒れ、次の長老が決まるまで暫定的にレッドが里を統括するのだという。 忍びの里はBF団に全面協力しているわけではなく、あくまでも契約上のつながりだけ。 このような事態になって契約が解かれれば、当然レッドとのつながりもなくなる。 レッドは長老の命令で本部で過ごした十年近くを振り返るように、あちこちを見て回り最後にサニーのところへやってきた。 ほかのエ...

じいさまができちゃう クマ・ジイ はじまり

 目の前の孔明はまだ話している。 幽鬼はその説明のあまりの長さに、あくびをかみ殺した。「人の身体を意識の入れ物と考えた場合…その入れ物を変えることが可能か…」 暦の上では秋だが、まだ日差しは夏のそれに似ているなどと考えていたとき、不意に話を振られた。「というわけで、幽鬼殿、よろしくお願いいたしますぞ」「あ?」「…まさか、話を聞いておられなかった、などというわけではありますまいな」 肯定したら、またあ...

君と歩いた青春

 ねえ、アルベルト…。 あのドミノ作戦ってやつ、孔明はそれなりの成果を上げたみたいに言ったけど…私は失敗だったと思うんだ。 だって、我が組織にとって…いや、私にとってもとても大事な君を失うことになってしまったんだから。 おまけにあの男ときたら、君の命ばかりか私の片目まで奪っていってしまった…。 あのときの私の気持ちは…どんな酒でも癒せないだろうね。「セルバンテス、もういいのか」 心が癒えるまでには少し...

今度こそお返事でっす

 秋って朝晩が涼しくて、日中はまだ夏みたいに暑かったりするじゃないですかー(だれに言ってんの?) なのに9月に入った途端、すんげえ涼しいんですよー。 風邪ひいたらどうしてくれるんですかー(だからだれに言ってry)>31日の○さま いつもありがとうございます~。【老人の日常】気に入っていただけたでしょうか?DVD待っててね!(でねーよ) ええ、たぶんガヤの声とか入ってると思います。 っていうか、これ、アニメっ...

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。