GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Archive [2013年05月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

きっと同じ

 彼女は珍しく車の止まる音に、ほんの少し驚いて玄関を出た。 今日は本部のエージェントが日用品を運んでくる日でもないし、来客などあるはずもない…彼の来訪をのぞけば。 その当人が車を降り、子供を連れてこちらへ向かってくる。「まあ、どうなさいましたの。お珍しい…」「いや、話せば長くなるが」 セルバンテスの招きに応じて、彼の所有するリゾート地へ幽鬼を連れて出かけたまではよかったが、セレブリティな雰囲気に幽鬼...

少しだけ片思い

 彼女はいつものように朝の支度を済ませ、ひととおりの家事を終えて家の前にある小さな菜園にいた。 ふと山とは反対のほうへ目をやると、だれかがこちらへ向かって歩いてくる。 その姿は…彼女も他人のことは言えないが…ひどく時代遅れの服装で、彼女はその人物を怪しむことすらしなかった。「どうなさいましたの?」 この家は道路につながっている場所からはとても離れているし、BF団のエージェント以外はほとんど知るはずもな...

約束

 12歳のサニーがはにかみながら残月に頼んだのは、泳ぎを教えてほしいということ。 それくらいのことなら、わざわざ残月の手を煩わせずともエージェントあたりに言えばよいのだが、本人としては泳げないのを知られたくないようだった。「お忙しいのは、重々わかっているのですけど…」 サニーはサニーなりに、将来実戦に出たときのことを見据えて話しているのだろうとは思う。 いくら水中呼吸の魔法が使えても、果たして敵とも...

水曜日の午後

 カワラザキの私邸には、執事とシェフと住み込みのメイドが4人…ローゼンスタック夫人がこの数字で十分だと言ったので…そして夫人がいる。 カワラザキが留守であっても、ほとんどのことは夫人と執事が決めることができた。 そしてこの日の午後に、少し青ざめた顔のメイドがひとり、夫人のところへやってきた。「あの、お話が…」「聞きましょう」 住み込みで雇っているメイドの相談にのるのも夫人の仕事のひとつ。 メイドがため...

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。