GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Archive [2012年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

心理テスト

 本部の大回廊には、あまり意味はないがちょっとした休憩用の椅子が置かれている。 今、サニーは雑誌を手にその椅子に座って、行き交うエージェントたちをながめていた。「ええと、チョコレートとクッキー、あなたならどっち?」 少し考えてから雑誌に指を滑らせる。「クッキーのほうが好きかな」 それからもうひとつふたつ質問に答えて、雑誌の一番下へ指がきた。「あなたの理想の男性は…ワルい男です」 サニーは雑誌から顔...

ギリア:気まぐれな恋(残月)

 とある任務の情報収集のため、残月は部下の女性エージェントを伴って、ある町を訪れていた。 夕暮れどきの町は仕事帰りの人間たちでごった返している。 残月は偽名を使って手に入れた、役所の書類を持って建物から出てきたところだった。「む?」 通りを隔てた向かい側に見慣れた娘を見つける。 バス停に立っているのはサニーだった。 残月は女性エージェントに書類を渡し、その場で待機するよう命じて通りを渡る。 声をか...

カンガルーポー:不思議

 12歳のサニーは樊瑞と孔明に連れられ、秋の装いを始めた山にきている。「よろしいですか、サニー殿」 孔明が説明しているのは訓練の一環として、この山の上にある洋館で一夜を過ごすというもの。 もちろん携帯は使えないし、洋館の四方には樊瑞の呪符が貼られているのでサニーの魔法も使えない。「テレパスでだれかに助けを求めるというのもナシですぞ」「はいっ」 初めての訓練らしい訓練とあって、サニーはいささか緊張した...

おじさんと俺(よい子は見ちゃダメ)

 幽鬼は少年ながら下級エージェントに昇格した。 今日はセルバンテスがその祝いをしてくれるというので、セルバンテスの邸宅のほうへ招かれている。 本来ならば保険をかける意味でカワラザキにもきてほしかったのだが、あいにく急な任務が入ってしまい幽鬼に重々気を付けるよう言って出かけていってしまった。「幽鬼さま、いらっしゃいませ」 通された部屋にはセルバンテスとエージェントがひとりだけ。 ただ、部屋の壁は四方...

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。