GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Archive [2010年10月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

HAPPY HALLOWEEN

 夜の帳が下り始めると、BF団の本部には暖かく柔らかな明かりが点りだした。 それというのもハロウィンということで、BFの命令で今夜だけ、すべての明かりをカボチャのランタンに変えたから。 ひとつだけなら暗いが、さすがに数をそろえればそれなりに明るくもなる。 そしてハロウィンだからか本部内を闊歩する、白いクフィーヤと白目の男も目撃された。 同じくカボチャのランタンを灯している孔明の執務室に、部下のエージェ...

BFさま、旅に出る

 古きよき時代のドラマを見ていたBFは目を輝かせて孔明を振り返った。「ねえ孔明、せっかく起きているんだから、僕、旅に出てみたいな」「旅…でございますか?」「うん。乗り物や能力を使わないで、自分の足で歩く旅だけど…」 この科学全盛の世の中に、またレトロなことを思いながらも孔明は逆らえない。「まあ、それはそれで素晴らしいかと存じますが…」 どうせすぐに音を上げて帰ってくるのがオチだとも思う。「しかしながら...

BFさまはとにかく怒りたいようです

 またもや招集をかけられた十傑集と孔明の前には、青白いオーラをまとったBFがいる。 毎回のことではあるが、いつもBFから出ていけと言われる条件に適している者は平然としていたが、いつも残される者は落ち着かない様子でBFをうかがっていた。「孔明」「は、はい」「今月はなにがある?」 そう言われてもこれといって思いつかない孔明は、ちらと樊瑞のほうを見てから慎重に口を開いた。「…10月ですから…管理人の誕生日ですとか...

毒電波、送信中

(お妃さまはともかくとして…やっぱり国王陛下の顔を見たかったな) 並行世界を渡る際、そんなことを考えていたせいだろうか。 セルバンテスは再びあの王国へと戻ってきてしまっていた。「あーあ、まいったなあ…」 しかしあれから少し時間がずれているのか、庭園の内部は荒れているように感じられた。「せっかくだから宮殿へいって、陛下の顔を拝んでこようかな」 小さくつぶやいた瞬間、例の声がした。「あっ、貴様…あのナマ...

毒電波、送受信完了

「ふ~、ここはどこだろ」 並行世界を飛び歩いているセルバンテスがやってきたのは、どこかの庭園の中のようだった。「いや、そもそもここは…中世かな」 見れば遠くのほうに宮殿らしきものがある。「よもやBFがこのような時代にいらっしゃるとも思えないけど…」 そんな独り言をつぶやいた瞬間だった。「だれだ?」 突然の声に振り向けば…そこにはどこかで見たような…しかし金髪を縦ロールにしたシックなドレスの女性が立ってい...

サニーちゃんと4人の男

 SSだと思われた方、ごめんなさい。 6月くらいからつくり始めたノベルゲームがようやく完成しましたので公開します!(いや、もしかしたら後悔かもしれん) サニーちゃんと4人の男 プレイの方法などはリンク先をごらんください。 なお、ゲーム内の設定は当ブログに準じておりますので、そこらへんはご理解くださいw たくさんの方にプレイしていただけたらうれしいです。...

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。