GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Archive [2010年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

タケ:忍耐(残月)

 豪華客船は真夏の洋上を穏やかに問題なく航行している。 贅を凝らした客船には、若くして成功した青年実業家夫妻によって招待された富豪やプロスポーツ選手が乗り込んでいた。 最初は全員が招待主のことを知らなかったが、3日目に行われた晩餐会でその姿を初めて見た。 白い杖をつき、若い妻に付き添われて現れたサングラスの青年は、親から受け継いだ資産を元に起業し成功したが、その視力はほとんど失っているのだという。...

さまよえるアルとセル

 BF団の本部は年中を通して比較的穏やかな気候の場所にあるが、夏はやはりそれなりに暑い。 孔明は暑い日にも涼しい顔をしているが、日頃から我慢を強いられることの多い忍のレッドなどは、本部にいるときくらいと空調の効いた自室に引きこもっていたりする。 樊瑞もまあ、暑さには耐性があるほうであまり空調など入れないのだが、樊瑞の部屋は空調がなくても冷え切っていた。「お主なあ…」 哀れなことに樊瑞は夏だというのに...

地獄からきたメイド(外伝)

「呉先生、時間があればちょっと出かけんかね?」 珍しく中条がそんなことを言うので、呉学人は二つ返事で承知した。「長官、どちらへいかれるのです?」 支部から少し離れた、大勢の人が行きかう表通り…そんなところへ出かけるなどめったにないことだ。「このあたりにメイド喫茶があると聞いたのだが…」 突然、中条のイメージとはかけ離れた言葉に、呉学人は鉄扇子を落としそうになる。「ちょ、長官、本当にそのような場所へお...

役目の裏側(レッド)

 8歳のサニーは初めての浴衣を着せてもらってすこぶるご機嫌だった。 レッドが自分の里の近くで行われる縁日に連れていってくれると言うのだ。 それを話したカワラザキから、白地にアサガオの絵柄が入った浴衣と赤い下駄をプレゼントされ、着付けもしてもらった。 小さな巾着には、樊瑞がくれたお小遣いとハンカチが入っていて、それを右手にしっかり持ち左手でレッドの手をつかんだ。「たぶん混雑しているからな、はぐれるな...

地獄からきたメイド(後編)

 若返った勢いでセクハラ紛いのことをするカワラザキを横目に、サニーが切り出した。「おじいさま、実は孔明さまからの要請で重要書類が…」「おう、それなら把握している」 さすがに「おじいさま」と呼ばれてもサニーを怒鳴りつけはしない。「ただな…ほら、あの若いの…白昼、だっけか?あいつに処理を任せてみたんでな…まあ、重要だ重要だって騒いでるのは孔明だけなんだが」 カワラザキは小さくため息をついて、幽鬼を見た。「...

地獄からきたメイド(中編)

 十常寺の部屋へとやってきたサニーは、なんのためらいもなく中華風の護符が貼られたドアをノックする。「誰何?」「メイドでーす。お部屋のお掃除にまいりましたぁ」 快い返事をもらってドアを開けたサニーは、内部を見てすぐにドアを閉めた。「どうした?」「…見たことのない女性が、十常寺さまのお部屋に…」 小声で答えたサニーに代わり、幽鬼が今度はドアを開ける。「アレは十常寺だ。どうやらアレが本当の姿らしいが…」 ...

地獄からきたメイド(前編)

 そもそも事の起こりはいつものように孔明から。 大事な書類が何枚も紛失している、十傑集のだれかが部屋の中でなくしてしまったに違いない。「というわけで、サニー殿にはメイドという名目で各部屋の探索をお願いしたいのです」 任務という形で、しかも「家○婦は見た!」のようなことを頼まれれば、17歳という年齢にも関わらずオバサン化しているサニーはいやと言えない。「喜んで!と言いたいところですが、みなさまのところ...

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。