GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Archive [2010年02月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

Only You

 アルベルトの城をセルバンテスが訪れたのは雨の午後だった。「いやあ、任務のついでにアルベルトの顔を見ようと思ってこちらへ寄ったら、いきなり雨に降られるとはね」 扈三娘からタオルを受け取り、クフィーヤを拭いながらセルバンテスは言う。「ずいぶんお濡れになったのではございませんか?よろしければ乾かしますが」「いや、妙齢のご婦人の前ではちょっと、ね」 セルバンテスは小さく笑って、自分の手のひらに意識を集中...

BFさまと赤ちゃんと

 孔明とレッドの長男である紅瞳が丁々発止のやり取りをしていると、不意にBFの声が響いた。「こーめー」 いつになく弱々しい声に孔明は紅瞳のことも忘れて執務室を飛び出した。 ふと気がつけば、謁見の間の前になぜか紅瞳もいる。「なっ…なんで君がここにいるのですかーッ!」「声が聞こえたのだ」 紅瞳は当然のように言う。「声が?」「うむ。助けてと」 一瞬、孔明は紅瞳にもBFの声が聞こえたのかと思ったが、紅瞳の言うこ...

策士と子忍者と

 孔明は預かったレッドの子供を憤懣やるかたない顔で見ていた。 顔はレッドにそっくりだが、瞳の色はサニーと…つまりはアルベルトと同じ赤だった。「私はここでなにをしていればよいのだ、孔明」 孔明の執務室をしばらくきょろきょろと見回していた子供が声を出す。 おそらくレッドがそう呼んでいるので覚えてしまったのだろうが、年端もいかぬ子供に孔明と呼ばれるのには大変抵抗がある。「…よろしいですかな?孔明は私の名で...

上を下への大騒動

 レッドとサニーが結婚して数年が経つ。 今日ふたりは珍しく樊瑞の私室を訪ねていた。 サニーは結婚して以来本部から離れ、レッドとともに暮らしていたために樊瑞も顔を見るのは久しぶりだった。「元気そうでなによりだ」 そう言った樊瑞の視線がサニーのお腹に注がれる。「予定日はいつなのだ?」「今日です」 なんのためらいもなく言い切ったサニーに樊瑞は目を点にする。「な…に?」「というわけで、今日は魔王に頼みがあ...

こちら株式会社BF経理課でぇっす

 経理課長セルバンテスは決して重役出勤ではない。 この会社では課長クラス以上になるとタイムカードがないために、アルベルトのように悠々と午後から出勤したりする者もいるが、樊瑞のように真面目にほかのOLよりも少し早い時間に出勤する者もある。 セルバンテスはというと、だれよりも早く出勤して経理課の窓から正面玄関を双眼鏡で眺めているのが趣味なのだ。「おほ~、総務課の怒鬼くんは今日も形のいい胸を揺らしているね...

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。