GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Archive [2009年12月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

BFさまがお怒りになっています

(注:これは某動画のパロのつもりざんす) その日、会議室に集められた十傑集はいつにない緊張を強いられていた。 なにしろ眠っていると思われていたBFが自ら会議室に現れたのだから。「また…このシーズンがきたんだね。策士、例のクリスマス中止の告知はできているのかい?」 孔明は額に汗を浮かべながら恭しく頭を下げる。「は…しかし今ひとつ成果は上がらず…やはりイスラム教以外の人間は、その、クリスマスを祝う気か、と...

こちら株式会社BF総務課でぇっす(4)

 そもそも樊瑞という男が、この使えないOLばかりの(ひとりは別だが)総務課課長に選ばれたのは、そこそこ人当たりがよく、この男ならなんとかやれるだろうという、ある意味貧乏くじともいえるような人事である。 樊瑞が朝出社してきて、席についてからまず最初にやるのは…OLたちの観察。「おお、サニーくん、今日も綺麗だな」 とりあえずは怒らせたらまずい人間から褒めていく、これ鉄則。 それから怒鬼の運んできたお茶をひ...

幽鬼の逆襲

 幽鬼はまだ子供であるために、本部から出ることがほとんどないため病気にもなりにくい。 だが十傑集をはじめとして、厳寒の地から灼熱の地へと飛び回っている者は、気温差のためにいわゆる「風邪」をひくことも多かった。 今、幽鬼は自分専用に作ってもらった温室で花の世話をして、飼っているカナリヤにエサをやるため自室に戻るところだった。 その幽鬼の目の前に中くらいの生き物が現れる。「えっと…ココ?」 ココはセル...

こちら株式会社BF総務課でぇっす(3)

 いつもと変わらない朝。 しかしその朝が、樊瑞の出勤とともに変わった。「みんな、おはよう。昨日、得意先からお菓子をもらったんだが…お茶の時間にでも食べてくれ」 そう言って差し出したのは…命の鐘屋の和菓子詰め合わせ。 この課のOLときたら甘いものには目がない上に、高級でおいしい超有名な和菓子屋のお菓子とくれば、ネコにマタタビなどと甘いことは言っていられない。「私がもらったーッ!」「ずるい!私だって好きな...

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。