GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Archive [2007年11月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

サニーちゃんの復讐 前編

 そろそろ木枯らしが吹き始めたある日のこと。「きゃあっ!」 中庭にでも、と出たサニーのスカートを悪戯な風がめくった。「ん、もう…!」 憤慨しながらスカートを押さえた瞬間、背後からあざ笑うような声がかかった。「ほほう、クマのぱんつか…やはりまだまだ子供だな。ほかにはどんなのを持っているのだ?ウサギか、ゾウか?」 意地の悪そうな顔で笑っているのは赤いマスクの男。「れ、レッドさま…」 サニーはレッドを認め...

目覚めたねむりひめ

 さて、目が覚めたサニーは自分の姿と、自分を取り巻く十傑の面々を見て…ひどく怯え、自室のクローゼットに閉じこもってしまった。「サニー、サニー、いい子だから出てきなさい」 樊瑞がドアをたたいて声をかけるが、サニーは泣きじゃくるばかりで一向に出てくる様子はない。「だっ…だって…さに…約束…おじさまとの…約束…」 どうやら約束を破って魔法を使ったことを叱られると思っての行動らしい。「ここは私の出番かな」 子供...

ねむりひめ

 サニーは父と母とどちらの血をより濃く継いだのか、不思議な魔法が使える。 いや正確に言えばその能力は、樊瑞や一清のような仙術の一種と考えるべきなのかもしれないが、「魔法」という単語はあまりにも不思議すぎる能力を説明するのに便利な言葉だった。 幼いサニーは後見人の樊瑞から、未知数の魔法を使ってはいけないと釘を刺されてはいたが、そこはそれ子供のこと。 無意識のうちに無から有を作り出したりした。 残月の...

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。