GRで萌えてみる

「ジャイアントロボ」のBF団十傑集で妄想展開中。メインは成長したサニー(17歳設定)のラブストーリーとか10歳くらいの幽鬼のお話。拍手・コメント等いただけたら管理人喜びますw

Category [パラレル妄想 ] 記事一覧

スポンサーサイト

猫を拾いました (終)

 翌朝、カワラザキはまっすぐ暖炉の部屋へやってきた。 幽鬼は気が向けば、カワラザキのベッドに飛び乗って、カワラザキの横ではなく隅のあたりでつつましやかに寝ることがある。 しかし昨夜はとうとうカワラザキのところへやってこず、暖炉傍にあるお気に入りのラグの上で寝たのだろうと考えていた。「幽鬼」 声をかけてみるが返事はない。「幽鬼」 もう一度、今度は少し声を大きくして呼んだ。 それでも顔を出す様子はない...

猫を拾いました(4)

 幽鬼を調べた結果は、なかなか出ないということで、カワラザキはさっさと私邸のほうへ戻ってきた。「どうだ、一緒に買い物にでも行くか」 猫だから出かけたがらないかと思ったがそうでもなく、幽鬼は素直についてくる。 カワラザキにしても、だれかと一緒に買い物に出かけるなどほとんどなかったことで、久しぶりに楽しい思いをした。「ふむ、猫とは言ってもお前の今の姿は人間…食事でもして帰るか」「うん」 カワラザキが気...

猫を拾いました(3)

 翌日にはもう、幽鬼はカワラザキの手でBF団本部へと連れてこられていた。「ここ、どこだ?」「お前が出会った、いちばん大元の飼い主がいるところだ」 カワラザキが婉曲な言い方をするより先に、幽鬼はBFの存在を嗅ぎ取っているようだった。「カワラザキ殿、その子供ですかな?興味深いものとは」「ああ、そうだ」 幽鬼は突然現れた孔明に、ほんの少し威嚇の体勢を取ったがカワラザキになだめられた。「普通の子供にしか見えま...

猫を拾いました(2)

 カワラザキの書斎には、本物の薪をくべるレトロな暖炉があり、時代遅れだと笑われてもカワラザキは気に入っている。 その暖炉の前に敷かれたラグへ、びしょ濡れになった子供が連れてこられ、苦笑するメイドに身体を拭いてもらっていた。「風呂なんてひどい。俺、濡れるの嫌いなのに」 唇をとがらせて抗議する子供に、メイドは優しく声をかけた。「嫌がりながらも、ちゃんときれいになったご褒美に温めたミルクをあげましょう。...

猫を拾いました(1)

 カワラザキは極めて不機嫌な表情でその邸宅をあとにした。 重ねての命令違反に焦れて、とうとうカワラザキ自らが出向いたまではよかったが、相手は終始言い訳に徹し、苛立ったカワラザキは相手を屠ってしまった。 もっとも、相手はそろそろ国警に目をつけられ始めていて、本部からもそれとなく始末をつけるよう言われていたのだし、カワラザキが手を下したのだから注意されることはないだろう。 あとの始末を呼び出した部下に...

Menu

FC2カウンター

プロフィール

まいりぃまいろ

Author:まいりぃまいろ
ツイッターでフォロワーさんの描かれたウサヒツを見て書きました~。
レッドは絶対荒唐無稽な夢を見る。

最近の記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。